スポンサード リンク


HOME > ARCHIVE - 2009年01月
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサード リンク


2009年01月04日

ビンボーアイドル

グラドルとして活躍するビンボーアイドル


年末年始にテレビ出演が激増したグラビアアイドル・上原美優(21)


上原美優 みゅうみゅう
グラビアやタレントなど今はキャラがないと売れない時代。

2008年は「おバカ」ブームで、羞恥心やスザンヌなどが大活躍した。

そんな中「大家族貧乏アイドル」として活躍しているのが、上原美優

鹿児島県種子島(熊毛郡中種子町)出身のグラビアアイドルである。

10人兄弟の末っ子という大家族育ちで、出生場所はパチンコ屋の駐車場。

母親が確変中に破水し、父親が母親を駐車場まで運んだところで出産したというエピソードを持つ。

「女6人にショーツ5枚しかなく、毎朝姉妹で奪い合いでいつもノーパンで登校していた」

「雨の日は家の中でも合羽」

「15歳になったら独立するのが家のルール」

レディースだったなどテレビで発言してから人気で出てブレイク。

7番目の姉はミス種子島で2008年7月22日テレビ東京でOAされた番組に上原美優と一緒に出演していた。

テレビで貧乏レシピを披露したのだが、それは「でんぷん」

お米をあまり食べないように小っちゃい子達は主食にしていたという。

上原美優の作った料理は、でんぷん粉を水で溶かし、さっと火を通した一品

それを砂糖醤油につけて食べるようで、本人はおいしそうに食べていた。

でんぷんの他には、大好物だったのは「お花」!?

「お花大好きなんですよ」

「めっちゃおいしくて・・・」

「食べ物ですよ!お花って・・・」

島田紳助の目にとまれば、「ビンボーアイドル」キャラとして島田紳助が司会を務める番組に出演できそうに思える。

ヘキサゴンで色々なユニットがあるが、上原美優がヘキサゴンメンバーとユニットを組むと面白いユニットが出来そうなのだが・・・

現在はロケ弁で生活しているという上原美優、2009年に貧乏生活から脱出してもらいたい。

スポンサード リンク


スポンサーサイト

スレッドテーマ:TV番組:テレビ・ラジオ

2009年01月04日

2009年離婚しそうなカップル

2009年は離婚ラッシュ


不況が続く中、芸能界も離婚が続くのではないかという


金の切れ目は、縁の切れ目で不況で収入が少ない男性は捨てられる

今年夏頃に離婚しそうだと言われているのは下記のカップル

女優・松たか子(31)と音楽プロデューサー・佐橋佳幸(47)

佐橋氏の今後の活躍次第で状況は変わるという。

女優・安達祐実(27)とお笑いタレント・井戸田潤(36)

安達祐実が、実家のすぐそばに部屋を借りて生活しているが、井戸田が寄り付かない。

仕事の際、安達が母親に子供の面倒を見てもらっているという。

現在も別居に近い状況で生活を送っているというが、井戸田はこの件に関して「別居はしていません!一緒に住んでいないだけです。」とウケを狙ったがその後「ご安心下さい!しっかり住んでいますから!円満です。」とコメントしているのだが・・・

女優・矢田亜希子(29)と俳優・押尾学(29)

女優復帰した矢田に対して、役者を辞めた押尾は役者になかなか復帰できずに苦しんでいるという。

押尾はほとんど仕事をしておらず、矢田の仕事が軌道に乗ったら、離婚も近いとみられている。

だが、二人とも昔と同等のポジションには二度と戻れないだろうとの意見もある。




スポンサード リンク


スレッドテーマ:芸能ネタ:アイドル・芸能

2009年01月04日

年末視聴率

気になる大晦日の視聴率!?


『第59回NHK紅白歌合戦』40%超えを果たしたが、民放は・・・


大晦日の視聴率がビデオリサーチから発表された。
今回の紅白歌合戦民放で放送されたドラマやバラエティーなどの主題歌や挿入歌を担当したアーティストを多数起用し視聴率を考慮した人選となっていた。

結果、関東地区では第1部35.7%(+2.9%)、第2部42.1%(+2.6%)と前年を上回った。

関西地区でも第1部35.4%(+2.2%)、第2部41.6%(+2.1%)と前年を上回った。

民放では、「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」(日本テレビ系)が15.4%。

「Dynamite!!」(TBS系)は、12.9%と健闘した。

他は「FNS 2008年クイズ!」(フジテレビ系)は4.4%、「Qさま!!大晦日だよ」(テレビ朝日系)は7.5%、「大晦日ハッスルマニア」(テレビ東京系)は、3.4%と低視聴率をマーク。

平均視聴率が40%を下回ったら、丸坊主になることを宣言していたチーフプロデューサーはセーフとなったが、4連敗となった紅組担当ディレクターは、責任をとって丸刈りになったという。

民放で、視聴率が悪いからといってプロデューサーやディレクターが丸坊主になったというのはあまり聞かないが、NHK紅白は厳しいようである。

スポンサード リンク


スレッドテーマ:TV番組:テレビ・ラジオ

メイン


スポンサード リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。