スポンサード リンク


HOME > ARCHIVE - 2011年03月
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサード リンク


2011年03月24日

KARA メンバー単独で1億ウォン寄付

新曲が、震災の影響で発売延期


解散騒動の渦中にあるK-POPアイドル「KARA」のメンバーが、1億ウォン(約720万円)を社会福祉共同募金会に寄付したことが報じられた。


KARAは、新曲「ジェットコースターラブ」の収益金全額を義援金として寄付することは、既に発表されていたが震災の影響から発売が延期されてしまった。

そのことで、KARAの解散騒動では残留組とされるク・ハラ(20)が、単独で寄付を決めたという。

「日本の地震の被災者に少しでも力になれば」と所属事務所であるDSPメディアにも伝えずに寄付した。

新曲「ジェットコースターラブ」の発売日は、3月23日→4月6日に決定したことが、3月23日に公式ホームページで発表されている。

寄付や支援すること自体は素晴らしいことなのですが、何か発表されるタイミングが絶妙です。

残留組のメンバーが寄付→所属事務所に伝えず(DSPメディア)→新曲発売日が発表

所属事務所(DSPメディア)が一切関与していないことを全面に出しているようなのだが、月給数万円と報じられていたはずなのに720万円の寄付とは…かなり高額です。

2007年3月にデビューして、4年で720万円の寄付ですから報じられていた月給では無理です。

一部では、KARAの活動無期限延期とも報じられている中で、何故残留組のク・ハラだけが単独で行動したのか?

善意で行った行動で、グループ間の仲たがいが起きなければよいのですが・・・





スポンサード リンク


スポンサーサイト

スレッドテーマ:芸能界のニュース:アイドル・芸能

メイン


スポンサード リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。