スポンサード リンク


HOME > ARCHIVE - 2013年11月
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサード リンク


2013年11月17日

矢口真里 元夫への復習が狙いか?

DV疑惑を暴露!?


元モー娘。の矢口真里(30)が不倫相手のモデル・梅田賢三(25)と交際を継続していることが報じられ、元メンバーらはコメントを求められ困惑している


辻希美(26)「大事な先輩なので、何時かお仕事を一緒にしたいという気持ちはまだある」

保田圭(32)「彼女もいい大人なので自分で決めていることだと思いますので、私が何か言うことではないと思います」

つんく♂(45)「ほんまアイツは、しゃーないやっちゃな。来年の年明けくらいにしっかりと記者会見をして、自分の言葉でコメントした方がいいでしょうね」とアドバイス。

つんく♂の言葉から、一部では春ごろに出演する番組が既に決まっているのでは?と言われている。

芸能界からも矢口が不倫相手と交際していることについて厳しい意見が多い。

和田アキ子(63)「もう大人なんだから…」

西川史子(42)「生活習慣の見直し…下半身の」

中澤裕子(40)「悔しい!!残念」

所属事務所は「コメントできることはない」と激怒している様子。

周囲や関係者を呆れさせた不倫相手との半同棲スクープは、矢口が意図的に撮らせたものと言われている。

矢口が休業宣言後に梅田と二人で頻繁に近所にある飲食店に出かけるなど周囲を警戒せずに撮られることを分かった上での行為。

自宅不倫でイメージダウンしたが、真剣愛をアピールしイメージを180度変え、不倫からの結婚を目指しているようにも見えます。

不倫相手と結婚するかもしれない矢口だが、元夫で俳優の中村昌也(27)のDV疑惑を矢口の母親がフライデー9月20日号で「真里がケガをして実家に帰ってきました。ひどい傷でした」と証言し、矢口の母親の関係者なる人物は婦人公論9月22日号で「1時間ほど暴力を受け、夫が頭から水をかけてきた。背中は真っ赤に腫れ、出血していた」と話しているが、中村の所属事務所はDV疑惑を否定。

実際にDVがあったのかは不明だが、矢口は最終的に元夫に復習するのではないかとも言われており、不倫のイメージがおさまった頃に中村昌也のDVを暴露する可能性もあり、それまでは芸能界を引退しないのではないかと見られている。

第2の加護亜依のように事務所を解雇される可能性もあるが、そこまでしての復習劇であれば怖いものです…
スポンサード リンク


スレッドテーマ:芸能一般:アイドル・芸能

2013年11月14日

ドラフト会議は、談合・・・

“ガチンコ”とは程遠い


今月10日に東京・グランドプリンスホテル新高輪で行われた「AKB48グループドラフト会議」は、シナリオがあったのは明らかとサイゾーが報じている


<以下引用>

候補者が4チームに分かれてパファーマンスを行い、各チームにアピールした後、選考会がスタート。だが、各候補者には事前に運営サイドが募ったスポンサーがついている者もあって、“ガチンコ”とは程遠い雰囲気だったという。

「大相撲の懸賞金よろしく、有力な候補者がステージに入場すると、企業や媒体などのスポンサーの垂れ幕が上がる。1番人気は、GREEやパチンコメーカー・フィールズ、講談社『フライデー』など9社から応援を受けた山本茉央。続いて3人がスポンサー4つだったので、山本がダントツだった。ここで山本に指名が殺到すれば、まだ納得のいくものだったが……」(取材した記者)

 ところが、山本は指原莉乃率いるHKT48が“一本釣り”。ほかのチームは、なぜか指名を回避した。

「交渉権を獲得した指原は『最初から決めていた』とドヤ顔だったが、懸賞金制度で山本に注目を集めさせてから指原に指名させ、地元福岡のHKT48に加入させるというシナリオがあったのは明らか。“暗黙の了解”でほかのチームが指名しなかったのが透けて見える。まるで談合で、マスコミの間にはシラケムードが漂った」

<引用元:サイゾー>


全て総合プロデューサーの秋元氏の指示なのかもしれないが、ガチすぎると面白くないのも事実。

ガチでやっていれば、数人の候補者にだけ指名が集中する状況になったはず。

何かと話題作りが上手い秋元氏のやり方だったのでしょう。

また渡り廊下走り隊解散報道もメンバー間の不仲説や方向性の違いから秋元氏も解散を認めたと言われているが、12月25日にベスト盤を発売することなどが決まっており、これも話題作りで無償でマスコミが勝手に宣伝してくれるようなものです。

秋元氏はどこまで先の構想を練って緻密な話題作りを仕掛けてくるのか気になります。
スポンサード リンク


スレッドテーマ:芸能一般:アイドル・芸能

2013年11月10日

AKB48グループドラフト会議 9人指名されず

救済案も発表…


AKB48グループドラフト会議が、11月10日にグランドプリンスホテル新高輪 国際館パミールで行われた


候補者は29名だったが、指名を受けたのは20名で9名は指名されることはなかった。



指名されることがなかった候補者9名に対して、戸賀崎智信総支配人(39)が終了間際になって「残念ながら指名されなかった皆さんの頑張りを見て、次回のオーディションがあった場合、最終審査から飛び級で参加してもらいたいと思います」と説明。

9名のレベルは、各チームが欲しい人材がいなかったという厳しい結果になってしまったが、“皆さんの頑張りを見て”ということはレッスンは続けさせるということなのでしょう。

運営サイドがメンバにしたい人材と各チームが欲しい人材にギャップがあるようだが、今後のレッスンだけで解決できる問題なのか?疑問です。

AKB48
チームA  横山由依:1位・西山怜那(12)、2位・田北香世子(16)
チームK  大島優子:1位・後藤萌咲(12)、2位・下口ひなな(12)
チームB  梅田彩佳:1位・横島亜衿(13)、2位・川本紗矢(15)

SKE48
チームS  中西優香:1位・松本慈子(13)
チームKⅡ 高柳明音:1位・神門沙樹(17)、2位・高塚夏生(13)、3位・鈴木寧々(17)、4位・荒井優希(15)、5位・惣田紗理奈(20)
チームE  松井玲奈:1位・小石公美子(18)、2位・高寺沙菜(13)、3位・福士奈央(14)

NMB48
チームN  山本 彩:1位・須藤凛々花(16)
チームM  島田玲奈:1位・武井紗良(15)
チームBⅡ 上枝恵美加:1位・磯佳奈江(20)、2位・内木志(16)

HKT48
チームH  穴井千尋:1位・山本茉央(17)

指名なし
上嶋歩花(13)、加賀まどか(18)、金子美玲(16)、高橋美緒(17)、冨田圭乃(13)、藤巻まりあ(13)、間島和奏(13)、水田晶(16)、村上遥(14)

スポンサード リンク


スレッドテーマ:芸能一般:アイドル・芸能

メイン


スポンサード リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。