スポンサード リンク


HOME > ARCHIVE - 2013年11月
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサード リンク


2013年11月25日

紅白出場歌手発表も話題性は・・・

出場は、9組


第64回NHK紅白歌合戦出場する歌手51組が25日に発表された


紅組
aiko(12)
E-girls(初)
いきものがかり(6)
石川さゆり(36)
AKB48(6)
SKE48(2)
NMB48(初)
きゃりーぱみゅぱみゅ(2)
香西かおり(17)
伍代夏子(20)
坂本冬美(25)
髙橋真梨子(2)
天童よしみ(18)
DREAMS COME TRUE(15)
AAA(4)
西野カナ(4)
Perfume(6)
浜崎あゆみ(15)
藤あや子(19)
松田聖子(17)
水樹奈々(5)
水森かおり(11)
miwa(初)
ももいろクローバーZ(2)
和田アキ子(37)

白組
嵐(5)
泉谷しげる(初)
五木ひろし(43)
EXILE(9)
関ジャニ∞(2)
北島三郎(50)
クリス・ハート(初)
郷ひろみ(26)
ゴールデンボンバー(2)
コブクロ(8)
サカナクション(初)
三代目 J Soul Brothers(2)
SMAP(21)
Sexy Zone(初)
T.M.Revolution(4)
TOKIO(20)
徳永英明(8)
氷川きよし(14)
福田こうへい(初)
福山雅治(6)
細川たかし(37)
ポルノグラフィティ(12)
美輪明宏(2)
森進一(46)
ゆず(5)
Linked Horizon(初)

この中でもAKB48グループ(AKB48、SKE48、NMB48)が3枠取っていることでネットでは物議を醸しているという。
(偶然か意図してなのかHKT48も含めて何故か全て“エ”で始まっている)

「AKBグループだけで3枠」と言ってしまうと白組のジャニーズも嵐、関ジャニ∞、SMAP、Sexy Zone、TOKIOと5枠取っていることにもなってしまうのだが…

「歌がここにある」がテーマとのことだが、選考基準っていかにNHKの番組に貢献したかってことなんでしょうかね?

事前に内定報道されていたこともあり盛り上がりに欠ける感じですが、サプライズで誰か出演するのかに期待したいものです。
スポンサード リンク


スポンサーサイト

スレッドテーマ:芸能一般:アイドル・芸能

2013年11月22日

日本レコード大賞 あのグループが最有力

話題性重視か!?


第55回日本レコード大賞の審査委員会が、21日に大賞候補となる優秀作品賞などを発表され、有力なのはEXILEAKB48と言われていてる


優秀作品賞
EXILEEXILE PRIDE~こんな世界を愛するため~」
いきものがかり 「笑顔」
水森かおり 「伊勢めぐり」
AAA 「恋音と雨空」
坂本冬美 「男の火祭り」
AKB48 「恋するフォーチュンクッキー」
西野カナ 「さよなら」
家入レオ 「太陽の女神」
きゃりーぱみゅぱみゅ 「にんじゃりばんばん」
氷川きよし 「満天の瞳」

この中で誰もが知っていると言える曲があるかどうかも疑問ですが、最近の日本レコード大賞の選ばれ方はヒットした曲ではなくなっているという。

話題性としては、EXILE・HIRO(44)が今年でパフォーマー勇退することで最後となってしまう。

またHIROの妻でもある上戸彩(28)が客席などで応援する姿も放送される可能性もありそうです。

そのことから当然視聴率も取れると見られており、今年の日本レコード大賞EXILEが最有力と言われている。

AKB48は、2年連続で日本レコード大賞を受賞しているが話題性では、HIROのパフォーマー勇退には敵わない。

ヒット曲ではない曲が選ばれる「日本レコード大賞」って何なんでしょうね?
スポンサード リンク


スレッドテーマ:芸能一般:アイドル・芸能

2013年11月20日

AKB総支配人が、脱法ハーブ吸引

問題あるんですか?


週刊文春が、AKB48総支配人・戸賀崎智信氏(40)の脱法ハーブ吸引現場を写真付きで報じている


img_mariko_02.jpg
(写真:週刊文春WEB)

<以下引用>

戸賀崎氏といえば、総合プロデューサーの秋元康氏の側近としてAKBの数々の仕掛けに尽力し、秋元氏をして「この男がいなかったらAKBは存在しなかった」と言わしめる人物。スタッフへの指示や企画の立案、新人オーディションの立ち会い、不祥事を起こしたメンバーの処遇決定など、八面六臂の活躍をしている重要人物だ。ファンの信頼も厚く、握手会ではメンバーを差し置いて戸賀崎氏に握手を求めるファンもいるほどである。だからこそ、今回の記事は衝撃的だったというわけだ。

 同誌では、銀色のパイプで脱法ハーブらしきものを吸引している戸賀崎氏の姿を大判写真で掲載。それも一回や二回ではなく、1週間ほどの間に4回もの吸引シーンが写真つきで載っている。記者の目撃証言によると、ほぼ毎日で多いときで20~30分おきに吸引していたという。自身の誕生日に妻とレストランで食事をした時も、3回も店から出てきて裏路地で吸引していたというから驚きだ。もし吸引しているのが脱法ハーブであれば、これは明らかに「常習」といえるレベルである。

 記事には、関係者が聞いた戸賀崎氏の言葉として「これは所持しても捕まらないから大丈夫。いい企画はこういうときに生まれる」という発言も掲載されている。脱法ハーブは大麻に似た作用をもたらすものの、確かに「違法」ではなく、所持・吸引しても使用者が罰せられることはない。だが、脱法ハーブでの死亡事故や錯乱事件が多発している昨今、未成年も多いAKBメンバーを預かる身でそんなものを常習しているとなれば不適切もいいところ。しかも、数々のAKBのサプライズ企画がハーブの酩酊状態から生み出されたものだとしたら、ファンやメンバーはどう感じるだろうか。

 疑惑はこれだけでなく、戸賀崎氏が妻子ある身でありながらアナウンサー志望の19歳の女子大生とホテルに入る姿も激写されている。その数日後には、マンモス大学の理系研究員だという別の女性と同じホテルへ。同誌によると、女性とホテルに入る前にも脱法ハーブを吸引していたとのことだが、ハーブは性感を高める作用があるものも存在し、セックスの前に使いたがる者は多い。まさか、AKBの総支配人がメンバーと同世代の女の子と「不倫キメセク」をしているのだろうか。しかも、このホテルは戸賀崎氏の自宅から数百メートルしか離れていないというのだから、あまりにも大胆といえるだろう。

 不倫疑惑を記者に直撃された戸賀崎氏は「風俗です。相手は素人ではない。それは不倫ですか?」と苦しい言い訳。同誌の記者が女性の身元を洗っていることを知らなかったらしく、あまりに白々しい釈明だった。脱法ハーブについては所持も吸引も完全否定したが、戸賀崎氏は「仮にやったとして“合法”ハーブ。問題あるんですか?」と答えたという。

<引用元:メンズサイゾー>


このニュースを見て「AKB48グループ ドラフト会議」で各チームから指名された子たちの両親が安心するだろうか?

辞退してもおかしくない状況なはずなのだが、総支配人という立場でありながら「“合法”ハーブ。問題あるんですか?」と問題発言するなど運営サイドがこれでは・・・

マスコミの完全スルーも困ったものだが、周囲も戸賀崎氏が脱法ハーブを吸引していることを知っていたのなら尚更問題でしょう。

スポンサード リンク


スレッドテーマ:芸能一般:アイドル・芸能

メイン


スポンサード リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。