スポンサード リンク


HOME > スポンサー広告 > title - 押尾学 2審も実刑HOME > 芸能ネタ > title - 押尾学 2審も実刑
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサード リンク


2011年04月19日

押尾学 2審も実刑

2審でも実刑2年 上告へ


保護責任者遺棄などの罪で懲役2年6ヶ月の実刑判決を受けた元俳優・押尾学被告(32)の控訴審で東京高裁は、控訴を棄却した


東京高裁は、被告が行った隠ぺい工作は卑劣というほかなく真摯な反省もないと1審判決を支持。

押尾被告の弁護側は、納得できないとして最高裁に即日上告した。

押尾被告は、懲役2年6ヶ月の実刑判決を受けてるが、実質的には3年6ヶ月の実刑になるといわれている。

2009年の麻薬取締法違反の罪で懲役1年6ヶ月の執行猶予中の裁判を加えると懲役4年になるのだが、未決勾留期間180日を引いて、3年6ヶ月となるようです。

最高裁でも、大方1審や2審の判決がひっくり返ることは、まずないといわれている。

押尾被告が、亡くなった田中香織さん(享年30)の遺族に対して謝罪文と100万円の損害賠償金を送付したが、受け取りを拒否されている。

また、お墓参りも拒否するなど遺族は、押尾被告を許さない態度をしているようです。

押尾被告は、保護責任者遺棄に関して無罪を主張し、合成麻薬MDMAを田中さんに渡していないことを最高裁でも訴えるようです。

スポンサーサイト
スポンサード リンク


スレッドテーマ:芸能一般:アイドル・芸能

メイン


スポンサード リンク

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。