スポンサード リンク


HOME > スポンサー広告 > title - ランちゃん通夜に2400人参列HOME > 芸能ネタ > title - ランちゃん通夜に2400人参列
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサード リンク


2011年04月25日

ランちゃん通夜に2400人参列

芸能関係者1600人、ファン800人


21日に乳がんの為に55歳で亡くなったアイドルグループ「キャンディーズ」の元メンバー・田中好子(本名:小達好子)さんの通夜が24日、青山葬儀所(東京・港区)で午後6時から営まれた


通夜には、キャンディーズの元メンバー・伊藤蘭(56)、藤村美樹(55)を始め、津川雅彦(71)、高橋英樹(67)など多くの芸能人が弔問に訪れた。

喪主を務めた夫・小達一雄(56)は「55年間は、決して長すぎる人生ではなかったかもしれませんが、最愛の友・伊藤蘭さん、藤村美樹さんに巡り会うことができ、キャンディーズ時代、女優時代と本当に充実した時を送らせていただきました。」と挨拶。

報道陣の取材に対して、主な芸能人のコメントです。

伊東四郎(73)
「周りが皆、励まされてた気がしますね。逆に我々が励まさなければいけない立場だったことが、今何か悔やまれるというか、本当に素敵な方でしたよ。癒し系なんて言葉使ったら失礼なのかもしれないけど、こっちが仕事場に一緒にいるだけで、とても癒される人なんですよ。私にとっては、とてもいい子だったな、あの子は…」

北川景子(24)
「こうして芸能界の中に、たくさん息子や娘が増えていくことが凄く嬉しくて、とっても賑やかなのねって言ってくださったんで、それが凄く一番心に残っています」

国仲涼子(31)
「とにかくお世話になりっぱなしで、凄く可愛がってもらったんで、ありがとうございました…」

堺 正章(56)
「会わなくても頑張っている姿だけでも良かったのに、それが急に…僕にしてみると急になんですけどね。この世を去られたということは、非常に僕らは大きなショックでしたしね…」

伊藤 蘭
「私たちも家族と一緒だからって事で呼んでいただいて、最後まで7時間スーさんも頑張ってくれて、一緒に最後までそばにいられたのが、本当に良かったです。一番年下で甘えん坊だったんですけども、いつの間にか強くて頼もしい大人の女性になっていました。まだそんな実感がないので、何時もふわっと隣にいてくれたその温もりというか空気感はずっと忘れません。もっと一緒にずっとそばで一緒に年を重ねていきたかった。あともう1回だけ3人で集まりたかったです」

メンバーであった伊藤、藤本も病気のことは3年前に聞かされたが、殆どの人が病気と闘っていることを知らされていなかったが、国仲涼子だけが何か病気で入院していることを知っていて、お見舞いに行っていたという。

田中好子さんは、とても自然体で礼儀正しかった為、芸能界でもいろんな方々が、弔問に訪れたそうです。

田中好子さんの中で、ファンの皆さんに愛されたからファンの人にも最後のお別れに来て欲しいとの思いから、ファン800人が集まった。

通夜は、午後6時からだったが早い人は、昼過ぎから並んでいた方もいるという。

田中好子さんは、過去に移植関係のイベントにボランティアで参加していたが、自身のことに関しては一切話さなかったそうです。

公式オフィシャルサイトのBBSには、(№2956)ファンからの“誕生日おめでとう”の返信に

毎年毎年あたたかいメッセージをたくさんありがとうございます。
皆さんの言葉からたくさん元気をもらっています。
皆さんも健康に気をつけて頑張ってください。

とのメッセージが最後の書き込みとなってしまった。

キャンディーズ ベスト・コレクション
キャンディーズ
ソニーレコード (1993-10-01)
売り上げランキング: 79

スポンサーサイト
スポンサード リンク


スレッドテーマ:キャンディーズ:アイドル・芸能

メイン


スポンサード リンク

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。