スポンサード リンク


HOME > スポンサー広告 > title - AKB48は、秋元式商法!?HOME > 芸能ネタ > title - AKB48は、秋元式商法!?
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサード リンク


2011年06月05日

AKB48は、秋元式商法!?

インターネットで勝負?


5月25日に発売されたAKB48の21枚目シングル「Everyday、カチューシャ」をファンが1人で何枚も購入するなど異常なまでの過熱ぶりで、以前からAKB商法と言われ問題視されていたが、実際には秋元式商法だといわれている。



AKB48といえばアイドルなのだが、“アイドル=純潔”というのがアイドルのテーマだという。


ところが現代では、“純潔”というのがなかなか難しい時代でもある。


AKB48の場合は、アイドルのテーマである“純潔”をイメージさせるためか、“恋愛禁止”というルールで、“純潔”をイメージさせているのだとか。



ネットや週刊誌などの情報からすると“純潔”のイメージを損なうおそれのあるメンバーがいるようなのだが…過去に卒業やら解雇、移籍などになっているメンバーも“純潔”がイメージできなくなったのでは!?


AKB商法といわれているのは、本来芸能プロが先行投資してタレントを育成するのだが、不景気で芸能プロも先行投資ができない分、ファンにグッズやCDを購入してもらい投資してもらうスタイルのようです。


AKB48のコンセプトは、劇場に“会いに行けるアイドル”として売り込みネットなどのクチコミなどインターネットを通じて広まり、売れたアイドル。


実際には、売れるまでに地道な活動もしていたが、今ではミリオンセールスを記録するなど経済効果もすごいことになっている。


アーティスト(歌手)は、PVで水着で歌うこともなければ、下世話なこともしないが、AKB48の場合はPVで水着になって歌ったり、バラエティ番組に出るなど多くの人に見てもられる売り方をしているという。


またAKB48は、多くのファンら支持されているばかりでなく、その衣装はファッション業界からも注目されているのだとか。


AKB48の衣装といえば、ハイソックスにミニスカートなのだが、ハイソックスからミニスカートまでが“黄金の20㎝”(絶対領域)と呼ばれ、AKB48のメンバーも必ずこの部分は生足のようです。


“純潔”をイメージさせるためなのか?モーニング娘のように髪の毛を染めている子がいないのもAKB48で、姉妹グループのSKE48やNMB48も同様だが、それも総合プロデューサーである秋元康氏(55)が指示しているのだとか。


秋元氏がイメージする“純潔”がAKB48で、それが日本人が好きなアイドル像だという。


当初のコンセプトでも、クラスの中でも1番ではなく5番目位にカワイイ子を集め、ファンの力によって順位を上げさせるのが狙いで、人数を多くして男性のストライクゾーンを広くしているなど人気を得るための秘策が当初から練られていたようです。


週刊誌やネットなどでも色々と騒がれているが、総選挙やスキャンダルなどが報じられるのもそれだけ注目されている証拠でしょう。


ただ“純潔”をイメージさせるにも限界があるので、主要メンバーや年齢が高いメンバーなどの卒業や移籍などコンサートやイベントでサプライズ発表されてもおかしくないようです。


AKB48の売り方や戦略、アイデアなどさすが秋元式商法と言えますが、その秋元式商法でなければAKB48はここまで成長しなかったはずです。




スポンサーサイト
スポンサード リンク


スレッドテーマ:AKB48:アイドル・芸能

メイン


スポンサード リンク

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。