スポンサード リンク


HOME > スポンサー広告 > title - AKB48・篠田麻里子を卒業させる?HOME > 芸能ネタ > title - AKB48・篠田麻里子を卒業させる?
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサード リンク


2011年09月23日

AKB48・篠田麻里子を卒業させる?

メンバーの世代交代必要!?


9月20日(火)に日本武道館で行われた「AKB48 24thシングル選抜 じゃんけん大会」で優勝した篠田麻里子(25)を卒業させるプランが浮上しているという。


じゃんけん大会を行うようになったのは、総合プロデューサーである秋元康氏(55)が独断で選抜メンバーを決めていたが(各芸能プロからのプッシュもあるようですが)、ファンから選抜メンバーの選考に対してクレームがあり、選抜総選挙でファンに投票してもらい選抜メンバーを決めてもらうにしてもメディア露出組が有利であることから、じゃんけんで公平に決めてもらうのが狙い。

秋元氏曰く、芸能界で歌やダンス、演技など活躍する人の中でも秀でている人はごく一部。芸能界で活躍するには運も必要とのことで、じゃんけん=運なのだとか。

篠田が優勝したことで「後輩のチャンスを潰した」などネットなどで篠田を非難する書き込みがされているが、じゃけん大会では運の強い人に選抜メンバーになってもらうという企画。

運だけが勝負なので、当然選抜メンバーになったことがない人にもチャンスがあるというだけ。

<以下引用>

彼女はAKB48メンバー内最年長の25歳。現在のアイドルグループ戦国時代において、ももいろクローバーZやスマイレージの平均年齢が16、17歳であることを考えると、25歳という年齢は明らかに高過ぎる。運営側もこの問題には頭を悩ませており、今回のじゃんけん大会の結果を利用して篠田を卒業させるプランが浮上しているという。


「これまでさしたる主要メンバーの入れ替えもなく活動してきたAKB48にとって、次期エース候補となりえるメンバーを選抜に加えることは大きな課題でした。そのためには年齢を重ねたオリメンの卒業は避けられない。運営は今回決定した24thシングルのセンターを最後に、篠田を卒業させるという動きに傾きつつあるようです。もうすでにソロデビューの話も進んでいるといいますし、篠田がじゃんけん選抜のセンターとなったことは運営にとっても好都合でした」(音楽業界関係者)

 さらに篠田の卒業は、これからのAKB48メンバーのために必要なのだという。

「実はこれまでキレイな形でAKB48を卒業できたメンバーはそう多くありません。たいていがスキャンダルによる解雇か、スキャンダル発覚前の事前処理と思われる唐突な卒業です。無事卒業したメンバーも、アダルトビデオに出演するなどイメージをさらに悪くする始末。そろそろ後味の良い卒業のお手本を見せなくてはいけない。その役回りは、レギュラー番組を数多く持ちモデル業でも活躍している篠田しかいないでしょう」(同関係者)

<引用元:日刊サイゾー>


以前から、卒業に関しては前田敦子(20)、大島優子(22)、板野友美(20)、篠田麻里子の名が挙がっていたが…

年齢を重ねたオリメンの卒業は避けられないとのことだが、モーニング娘。を見ても卒業や脱退によるメンバーチェンジで人気がどうなったか考えると…。

モーニング娘。やAKB48のオリジナルメンバーにはサクセスストーリーがあったが、世代交代で若いメンバーには、ファンが応援したくなるようなストーリーがないのが現実です。

ただ気になるのは、秋元氏が「今後は年上のアイドル」というキーワードをCS放送で話していたことです。

篠田の場合「年上のアイドル」というキーワードに合致しているように思えますけどね。

篠田や他の主要メンバーの入れ替えを図りたい運営のやり方次第では、急激なファン離れを招きかねないですが、秋元康プロデューサーが簡単に篠田を卒業させるとも思えないです。

以前、篠田の卒業が噂されていた頃にSDN48のメンバーが「(篠田は)もうじきこっちに来るんじゃないですか?」とテレビ番組で発言していたこともありました。

篠田が優勝したじゃんけん大会に関しても、メンバー全員の歌やダンス、演技などが同レベルとは言えず、運だけの勝負でしたが、出来レースとの噂も浮上しています。

全員が同じレベルで誰にするか決めかねる場合のじゃんけんは、公平なのかもしれないですが、今回の優勝者には「ぷっちょ」のCMにセンターで出演できるサプライズがプレゼントされている。

じゃんけん大会優勝したといっても知名度のない子や人気のない子がCMに出演することにスポンサーがOKしていたとも考え難く、営利目的のレコード会社も人気メンバーや知名度のあるメンバーが選抜に入ってもらわないと困る事情もあったのではと考えると、偶然とは思えないチーム編成になっています。(昨年発売されたじゃんけん選抜組のCDセールスが****だった)

選抜メンバーは、1位 篠田麻里子、2位 藤江れいな、3位 峯岸みなみ、4位 小林茉里奈、5位 秋元才加、6位 大家志津香、7位 前田亜美、8位 佐藤すみれ、ベスト16 梅田彩佳、河西智美、北原里英、小嶋陽菜、山内鈴蘭、桑原みずき、山口夕輝、肥川彩愛の16名。

チームAから4名、チームKから4名、チームBから3名、チーム4から1名、AKB48研究生から1名、SKE48・チームSから1名、NMB48・チームNから1名、NMB48研究生から1名となっている。




スポンサーサイト
スポンサード リンク


スレッドテーマ:AKB48:アイドル・芸能

メイン


スポンサード リンク

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。