スポンサード リンク


HOME > スポンサー広告 > title - 元モー娘メンバーの芸能活動は厳しいHOME > 芸能ネタ > title - 元モー娘メンバーの芸能活動は厳しい
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサード リンク


2011年11月12日

元モー娘メンバーの芸能活動は厳しい

ソロ活動も本当の芸能活動とは呼べない


モーニング娘。が結成してから13年経ちブレイク時のメンバーは全員が卒業し、その後も卒業・加入を繰り返し現在に至っているが、卒業した元メンバーの芸能活動は非常に厳しいという。


モーニング娘。は、1998年にメジャーデビュー。

女性グループとしては、紅白最多出場(10回)を果たしている。(1998年~2007年)

日本ゴールドディスク大賞7年連続受賞(1998年~2004年)

1999年「LOVEマシーン」で初ミリオン(約165万枚)

この頃がピークだとも言われている。

「LOVEマシーン」のように1度凄いヒット曲が出ると、その後に期待されてしまい自らハードルを上げてしまう結果になるのだとか。

卒業したメンバーの中でも中澤裕子(38)は、青年実業家との熱愛が報道され、結婚が近いのではと言われている。

矢口真理(28)は、2011年5月に俳優・中村昌也と結婚。

辻希美(24)も、2007年に俳優・杉浦太陽と結婚。

後藤真希(26)は、年内で活動休止となる。

加護亜依(23)は、事務所とトラブルを起こし交際男性と再度同棲し復帰を目指している状況だが、男性と別れないと受け入れる芸能事務所もないようです。

藤本美貴(26)は、2009年にお笑いコンビ「品川正司」の正司智春と結婚。

紺野あさ美(24)は、引退後に慶応大学に進学し、テレビ東京にアナウンサーとして就職するも社内でイジメに合っているとの噂が絶えない。

福田明日香(26)は、3人組ユニット「PEACE$TONE」のボーカルとして12年半ぶりに活動を再開している。

殆どが結婚や恋愛、ママドルとしての活動で本当の芸能活動での活躍とは呼べないのだとか。

元々グループ活動していたメンバーが、卒業・脱退しソロで活動するとファンが離れるという。

グループに魅力があって、そのメンバーだから応援するのであって個人に実力がある訳ではないとの厳しい意見も…。

AKB48の場合も、実力を付けてからの卒業でないとAKB48の肩書きが無くなると、今後の活動はかなり厳しいようです。

AKB48の姉妹グループであるSDN48が、来年3月31日で全員卒業することが発表されているが、その中の何人がソロとして活動していけるのか注目されます。

結果次第で、AKB48の初期メンバーの卒業がどうなるのかも気になります。

ブレイク後にモーニング娘。を卒業したメンバーの活動が厳しい状況の中で、AKB48は成功例としてソロでも活躍できる実力を持ったメンバーの卒業をさせざるを得ないようです。

それが、ネットでも噂になっているじゃんけん選抜でセンターを務める篠田麻里子(25)なのかもしれませんが…。

モーニング娘。に「LOVEマシーン」を超えるヒット曲が今後生まれるのか期待したいが、ブレイク時のメンバーの活動が気になります。



スポンサーサイト
スポンサード リンク


スレッドテーマ:芸能一般:アイドル・芸能

メイン


スポンサード リンク

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。