スポンサード リンク


HOME > スポンサー広告 > title - CM女王に19社で大島優子HOME > 芸能ネタ > title - CM女王に19社で大島優子
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサード リンク


2011年12月09日

CM女王に19社で大島優子

上半期トップの上戸彩を抜いてCM女王


AKB48の大島優子(23)が、史上最多となる19社のCMに出演し、上半期トップであった女優・上戸彩(26)を抜いてCM女王に輝いた



大島が出演したCMの下記の19社
アサヒ飲料(WONDA)
カゴメ(野菜一日これ一本)
UHA味覚糖(ぷっちょ)
江崎グリコ(アイスの美)
エスエス製薬(ハイチオールB)
自転車協会(BAAマーク)
東京都選挙管理委員会(東京都知事選)
ACジャパン(今、わたしにできること・呼びかけ篇)
家庭教師のトライ
プレナス(GO!カツフェア)
セブンイレブンジャパン
日本ヒューレット・パッカード(HPサポートエンジェル)
ピーチジョン(ハートブラ)
東京ビューティーセンター(TBC・MEN’S TBC・エピレ)
スクウェア・エニックス(FINAL FANTASY XⅢ-2)
セブン&アイ・ホールディングス
アパマンショップネットワーク
H.I.S
ヒーローズ(月刊ヒーローズHEROS)

今年活躍したAKB48のメンバーは、トップ10に8名も入るなどしている。

1位 19社・大島優子
2位 17社・篠田麻里子(25)
2位 17社・前田敦子(20)
4位 16社・板野友美(20)
5位 15社・高橋みなみ(20)
7位 14社・小嶋陽菜(23)
10位 12社・柏木由紀(20)
10位 12社・渡辺麻友(17)

AKB48メンバーが上位を占めたが、来年は全く違っている可能性が高いともいわれている。

AKB48のメンバーが躍進したことは、年代性別を問わず幅広いターゲット層にリーチできることや「絆」を感じさせるキャラクター像が大きな要因だとスポーツ紙では報じている。

AKB48のファンは、1人で高額の商品を買う人が多いので、AKB48をCMに起用すると商品が売れるという構造になっているので、CM出演数が増加してもおかしくないようです。

これも全て総合プロデューサー・秋元康氏(55)のプロデュース力が優れているからなのかもしれません。

【送料無料】秋元康の仕事学

【送料無料】秋元康の仕事学
価格:1,050円(税込、送料別)




スポンサーサイト
スポンサード リンク


スレッドテーマ:芸能一般:アイドル・芸能

メイン


スポンサード リンク

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。