スポンサード リンク


HOME > スポンサー広告 > title - AKB48 来年1月27日に映画公開HOME > 芸能ネタ > title - AKB48 来年1月27日に映画公開
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサード リンク


2011年12月11日

AKB48 来年1月27日に映画公開

監督は、ミュージックビデオを担当した高橋栄樹


AKB48のドキュメンタリー映画DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る』が、2012年1月27日(金)に公開される


<以下引用>

少女たちを襲う孤独と重圧、喜びと哀しみ、栄光と挫折
スターになったことでAKB48が失ったものとは……


まぶしいスポットライトの裏でがっくりと肩を落とす少女の背中。6年間、その華奢な体でどれほどの重圧に耐えて来たのだろう……。エースとして、選抜メンバーとして光を浴びながら、襲いかかるプレッシャーと強烈な孤独に向き合う日々。なぜ彼女たちは、身を切られるような風の中、それでも夢に向かっていくのか。傷つくとわかっていても、またそのステージへと上がっていくのか。
 スターになったことで、少女たちが手に入れたものと、失くしたものとは――。
シングルCDではミリオンセラーを連発。コンサートは3日間でのべ9万人を動員。「じゃんけん大会」などのイベントでさえ、チケットは瞬時にソールドアウト。テレビや雑誌でもAKB48を見ない日はない。だが、表舞台の華やかさだけでは“本当の姿”は語れない。
カメラは、AKB48のすべてが変わった激動の2011年に完全密着。報道されなかった壮絶な舞台裏へも潜入し、その光と影を収めてきた。前作をしのぐ膨大な数の収録テープにつまった1年の軌跡を、焼き付けるような独擅インタビューとともにつむいでいく。

今を生きるアイドルの素顔から、日本の未来が見えてくる
 東京、グアム、台湾、シンガポール、そして東北各地へ。分刻みで飛び回るアイドルたちのあらゆる場面。365日に密着!走り続けることをやめない少女たちの息づかい、流れる汗とともに、ドキュメンタリーは、今を生きる彼女たちが見てきたもの、感じたこと、捧げた祈り……
それらの内面にまで迫っていく。2011年3月11日。あの日以来、彼女たちは何を思い、どこへ向かおうとしているのか。アイドルとして、ひとりの人間として、今、自分たちにできること……。大事なものを見失うまいと開かれた瞳にあふれる、涙の意味をカメラは問う。

<引用元:DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る


前作同様ドキュメンタリーなので、面白いとはいえないだろうが…監督が前作と違うのでどういう切り口でメンバーを捉えているか?


前売り券は、12月16日(金)より\1,500で発売される。



スポンサーサイト
スポンサード リンク


スレッドテーマ:AKB48:アイドル・芸能

メイン


スポンサード リンク

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。