スポンサード リンク


HOME > スポンサー広告 > title - AKB48 来年再生させる?HOME > 芸能ネタ > title - AKB48 来年再生させる?
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサード リンク


2011年12月16日

AKB48 来年再生させる?

賞味期限切れ?


アイドルグループ「AKB48」のプロデューサー秋元康氏(55)が、12月15日付の朝日新聞のインタビューで、2012年に「AKB48再生させる」と語ったことで騒ぎになっている


<以下引用>

AKBはコンピューターソフトに例えると、巨大資本の専門職が作ったWindowsではなく、ユーザーが任意に参加し拡張するLinuxだと説明。海外戦略については、「クールジャパン」と呼ばれる日本のコンテンツがもっと世界に出ていくためのきっかけを作りたいし、プロ野球に例えるならば大リーグへの道を開いた野茂英雄投手になりたい、と語った。

 その上で、「来年のAKBは、これまでと違う新しい方向性を打ち出します。僕の中では、AKBの再生です。批判を受けるかもしれないが怖がってやめたら動かなくなる」との方向性を示した。

AKBは11年12月7日に発売した24枚目のシングル「上からマリコ」が発売初週で119万9000枚を売り上げ、5月発売の「Everyday、カチューシャ」から4作連続で前人未踏のミリオンヒットを記録。国民的アイドルの貫禄を見せたわけだが、2011年は様々な「限界説」が囁かれていた。

メンバーの篠田麻里子さん(25)を筆頭に、アイドルとしては「高齢化」が進んでいること。そして、映画で主演した前田敦子さんや、今年CM女王になった大島優子さんなど超売れっ子はいるのだが、こうした知名度のあるメンバーは固定され、他のメンバーへの広がりがなくなって飽きられかけている、などだ。

<引用元:J-CASTニュース>


既に来春には、総合プロデューサーである秋元康氏がK-POPをプロデュースし、AKB48メンバーとコラボさせるとの情報が一部で囁かれており、AKB48再生とはその事なのかもしれないですね。

それに数年前は、○億円といわれていた秋元氏の収入が現在では2ケタ増えたとの情報も…

ネットなどでは、初期功労者の大量卒業が噂されているが、初期功労者=人気メンバーなので自分の収入を減らすような事はしないのでは…

SDN48を全員卒業させることを考えると、人気の出ないメンバーや生活態度の悪いAKB48メンバーをある程度卒業させてもおかしくないでしょう。

過去に週刊誌(文春など)で報じられた内容が、かなりタイミングが遅れているようだが実行されつつあるようです。

AKB48K-POP人気が何時まで続くのか不明だが、朝日新聞の秋元氏のインタビュー記事は一つの戦略でネットなどで取り上げられ話題になることを想定していたのかもしれない。
スポンサーサイト
スポンサード リンク


スレッドテーマ:AKB48:アイドル・芸能

メイン


スポンサード リンク

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。