スポンサード リンク


HOME > スポンサー広告 > title - 前田敦子 卒業時期が明かされないのも戦略?HOME > 芸能ネタ > title - 前田敦子 卒業時期が明かされないのも戦略?
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサード リンク


2012年04月01日

前田敦子 卒業時期が明かされないのも戦略?

東京ドーム公演は8月との噂


さいたまスーパーアリーナで3月23日(金)~25日(日)3daysライブを行ったAKB48だが、最終日には前田敦子(20)が卒業を発表してから1週間近く経過するが卒業時期は未だ発表されていない


素の前田敦子は、ステージや番組で見せる姿とは違い大人しく、アイドルとしてセンターに立つタイプではなく、以前からセンターとしての重圧に苦しんでいたのだとか。

そんな前田敦子をあえてセンターに指名した総合プロデューサーの秋元康氏(55)は、新曲の際にメールでセンターを勤めることができるか確認していたという。

前田の返信は「やります」「頑張ります」だったのだが、2012年2月15日発売 25thシングル「GIVE ME FIVE!」の時には「お任せします」との返信であったことから秋元氏が一番早く気持ちに変化があった事に気付いていたようです。

今年もAKB48選抜総選挙が行われ事が発表されているが、毎年上位メンバー(選抜メンバー)は殆ど変動せず、結果後輩が育たない事も考え「たくさんいる後輩のためにも私が卒業して歩きださなきゃいけない」との発言になったようです。

今や国民的アイドルグループとして活動するAKB48だが、秋元氏は「メンバーを留めておくつもりはない。AKB48を踏み台にしてステップアップしてほしい。僕がAKB48に求めているのはリアリティだ」と発言しており、前田敦子卒業宣言も事前連絡なしのリアリティだったようです。

ただ秋元氏も後日謝罪しているように国民的アイドルグループとして巨大化してしまい、スポンサーやら関係者も多く、卒業を発表した前田敦子の考えとは別に大人の事情で卒業時期が未定となっている。

また総選挙も「有終の美を飾らせたい」との意見もあり、総選挙も周囲の大人たちの考えが考慮されそうです。

前田敦子も最後は東京ドーム公演などの大きい所ではなく、劇場でファンに見てもらいたいと希望しているが、その希望を周囲が叶えるのか?大人の事情でNGとなってしまうのか?

今後の秋元氏の戦略、各所属事務所の思惑、大人の事情で他のAKB48メンバーの卒業もありそうですが、「前田敦子の卒業」を超えるサプライズにはならないでしょうね。

普通は「○○月を以て卒業します」となるのだが、今回の卒業宣言は時期を発表していないのがミソで、事務所関係者など知らされていなかったと報道されているが、スポンサーやレコード会社、事務所などの上層部には事前に連絡があったはずで、何もなければ後日損害賠償請求などが発生する恐れもあるはずと一部で言われている。

さいたまスーパーアリーナでの3daysライブは、チケット代6,800円×2万5,000人×3日間

5億円近いお金が動いており、東京ドーム公演ではそれ以上のお金が動くことになる。

前田敦子本人の考えで卒業を発表した事が、タイミング的にも東京ドーム公演を成功させようとしている周囲の大人が利用し集客しようとしているように思えてしまいます。

原点に戻って劇場で卒業公演することが一番なのかもしれませんが…

【送料無料】前田敦子写真集 『不器用』

【送料無料】前田敦子写真集 『不器用』
価格:1,800円(税込、送料別)



スポンサーサイト
スポンサード リンク


スレッドテーマ:芸能一般:アイドル・芸能

メイン


スポンサード リンク

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。