スポンサード リンク


HOME > スポンサー広告 > title - 明石家さんま NMB48のお土産に…HOME > 芸能ネタ > title - 明石家さんま NMB48のお土産に…
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサード リンク


2012年04月28日

明石家さんま NMB48のお土産に…

何で、これ3枚もあんの?


28日に放送された「さんまのまんま」(関西テレビ系)にゲストとして出演したNMB48のメンバー5人が手渡したお土産明石家さんま(56)が疑問を感じている


ゲストは、山里亮太(35)、NMB48からは山本彩(18)、渡辺美優紀(18)、山田菜々(20)、小笠原茉由(18)、福本愛菜(19)の5人。

番組の後半になってもお土産を渡すのを完全に忘れているメンバーに対して、さんまは「新曲出るとかええねんけど、その前に土産渡すこと忘れてない?」と指摘。

山本は「CDと私たちのグッズで、さんまさんサッカーがお好きということでセカンドシングル『オーマイガー!』のミュージックビデオでサッカーを私たちやってまして、そのユニフォームです」と手渡した。

「そんなTシャツいらない、いらない」(さんま)

メンバーらは「貰って下さい。受け取って下さい」とそれぞれ渡した。

いい顔しないさんまに対して山本が「サッカー見る時のユニフォームとして」と言うとさんまが急に真顔になり「君、ナメたらあかんよ!俺はサッカー見る時は、そのチームの応援しているユニフォームを着んねんからね」と機嫌を損ねた様子。

9日に発売された3枚目のシングル「ナギイチ」のType-A~Cの3枚を山本が手渡すと「えっ、何でこれ3枚もあんの?」と素朴な疑問を口にしたさんまは次に「あ~こういう戦法やもんな」と納得。

山里は「いろいろな楽しみ方がある、そう言って下さい」としっかりフォローしていた。

AKB48グループ(AKB48・SKE48・NMB48)のシングルは、2~3タイプあり劇場盤もある。

AKB48の公式ライバルとされる乃木坂46のCDも同様なので、CDセールスが目的なのは確かです。

複数タイプでの発売や個人の複数買い、この戦略いつまで続くことか?

大規模な握手会での会場代、人件費、メンバーの交通費やギャラ、食事代などかなりの金額がかかっているはずで多くのCDをセールスしないと握手会として成立しないのかもしれません。

最近はAKB48の初回限定盤(握手券封入)の入荷枚数が、各店舗とも毎回減少傾向にあるとも言われているのが、気になりますね。

総合プロデューサー・秋元康氏(55)はAKB商法で批判される事も多いが、今後どんな戦略でCDをセールスするのか?

規模が拡大し、費用が莫大になる握手会をどうするのか?

最近、何かと主要メンバー以外を売り出そうとしている戦法が気になります。



スポンサーサイト
スポンサード リンク


スレッドテーマ:芸能一般:アイドル・芸能

メイン


スポンサード リンク

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。