スポンサード リンク


HOME > スポンサー広告 > title - 前田敦子 映画で国際女優デビューHOME > 芸能ネタ > title - 前田敦子 映画で国際女優デビュー
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサード リンク


2012年09月11日

前田敦子 映画で国際女優デビュー

松田翔太、トニー・レオンらと共演


先月27日にアイドルグループ「AKB48」を卒業した前田敦子(21)が、来秋公開予定の日中共同制作のアクション映画一九○五」(黒沢清監督)で国際女優デビューするという


<以下引用>

本作は1905年の横浜を舞台に、ふたりの男と一人の女が国境を越えて織りなすアクションムービー。松田はほぼ全編で中国語のセリフを披露する。流暢な中国語が話せる日本人の役なため、中国語のセリフ分量も多く、トレーニングが必要だ。トニー演じる主人公に大きな影響を与え、物語の要となる女性・宮子を演じる前田は、カタコトの中国語を話せる日本人の役どころだが、やはり勉強が必要となる。

(中略)

宮子を演じる女優を選ぶのは難航したというプロデューサー。前田が出演した映画『あしたの私のつくり方』(07)を見た際に「宮子がいた!」と叫んだそうで、「往年の大女優が持っていたような大きさ、強さを兼ね備えた類まれな女優だと思います。この映画でどこまでその成長が見られるか、楽しみです」と期待を寄せる。その声に答えるかのように、前田は「世界を舞台に活躍されている黒沢清監督の作品に参加できることに、とてもワクワクしています。そして、トニー・レオンさん、松田翔太さんとご一緒できることも、すごく嬉しく思います。女性のあらゆる魅力を持っている宮子を、全力で演じたいと思います。女優としての素晴らしい経験になるように頑張ります」と意気込んでいる。

<引用元:Movie Walker>


前田の場合、今作品もオーディションなどを経て勝ち取った役ではないので不安が残ります。

クライクインは、11月からとのことで芝居の勉強をしている時間的な余裕もないはずですが、どんな演技で中国語を話すのか期待です。

「往年の大女優が持っていたような大きさ、強さを兼ね備えた類まれな女優・・・」ってプロデューサーの意見ですよね。

実際、監督がどう考えているのか?ちょっと気になります。

スポンサーサイト
スポンサード リンク


スレッドテーマ:芸能一般:アイドル・芸能

メイン


スポンサード リンク

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。