スポンサード リンク


HOME > スポンサー広告 > title - 高須克弥&西原理恵子が熱愛HOME > 交際・熱愛・破局・離婚 > title - 高須克弥&西原理恵子が熱愛
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサード リンク


2012年10月11日

高須克弥&西原理恵子が熱愛

交際を認めた!?


高須クリニック院長・高須克弥(67)と漫画家・西原理恵子(47)が、11日発売の女性セブンで交際を認めている


<以下引用>

出会いは10年前。西原氏が週刊誌のエッセイに、「高須クリニックのCMのなんと下品なことか。でも好きだ。あなたのお友達になってやってもいい」と書いたのがきっかけだった。

 その記事を読んだ高須氏が、西原氏にファンレターを送ると、西原氏も「私は美もお金もいらない。ただネタがほしい」と返信して交流がスタート。西原氏の漫画や記事は、どんな小さなカットでも買い集めたという高須氏は、以来、自ら「サイバラ教の原理主義者」と名乗るほどの西原ファンになったという。

 その後、西原氏は2007年に元夫をがんで亡くし、高須氏も2010年に妻を亡くしている。それまで「信頼できる友達」として交流を深めていたふたりだったが、同じ境遇となったことで、いつしか恋人へと変わっていったという。

<引用元:NEWSポストセブン>



高須「ぼくは東京に週1回来たら、残りの5日間は名古屋なんですよ」

西原「高須先生は週に1回東京に出てくるから、デートは彼が泊まっているホテル。外食といってもルームサービスがほとんどですね。私はゆっくり食事しながらお酒飲むのが好きだけど、この人はお酒は飲めないし、食事は1分で食べる人だから。この間、寿司屋に行ったら、出たとたんに大喧嘩(笑)。だから、だいたい先生の部屋で中華とかを頼んで、私はそれをつまみにお酒を飲む。この人は寝ころがって歴史ものの映画とか見てるというパターン。 結局、妥協案はこれしかないんです。だから会うのは週に1回程度。私の家には絶対入れない。外メシのほうが全然いいでしょう?40過ぎの女の恋愛は、外食にすべし!」

高須「みんなそろって名古屋に引っ越してこい!なんていわないよ(笑)。以前と何も変わらない」

西原「うん。何も変わらないです。かあちゃんが公明正大に、大手を振って週に1回朝帰りするだけ。朝、「おはよう!」って帰ってくる(笑)」

(中略)

西原「私、元夫と一緒のときに、優先順位をつける癖をつけたんです。ベスト3以外は捨てる(笑)。疲れてくると100番目と1番目がごっちゃになって、近所の奥さんとかPTAのために子供をほったらかすとか始めちゃうから。人生の最優先事項は「子供」「仕事」「自分」。私にとって先生はすごく大事な人だけど、ベスト3にはまだ入っておりませんので。4番目とか5番目くらい(笑)」

高須「ぼくはそれで全然かまわない。1週間くらいたつと会いたくなるけど、3、4日だったら平気だもん。しょっちゅう電話してるから。でも、電話をかけると、けっこう迷惑そうにされるんですよ。『今、原稿書いてる最中なの。ちょっとなら相手してやろうか』って感じで」

<女性セブンに掲載された対談内容>


交際は、宣言しても結婚は・・・

でも何故、女性セブンがこの交際宣言を報じたのか?

疑問ですね・・・

年の差カップル遠距離恋愛…報道後にどうなってしまうのか!?
スポンサーサイト
スポンサード リンク


スレッドテーマ:芸能人の恋愛・結婚・離婚:アイドル・芸能

メイン


スポンサード リンク

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。