スポンサード リンク


HOME > スポンサー広告 > title - 二世タレントは、トラブル続きHOME > 芸能ネタ > title - 二世タレントは、トラブル続き
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサード リンク


2012年11月04日

二世タレントは、トラブル続き

本当に活躍しているのは、極一部?


俳優・仁科克基(30)と女優・多岐川華子(24)の離婚や俳優・若山騎三郎(47)と女優・仁美凌(31)の離婚に向けた話し合いなど二世タレントのトラブルが続いているという


実際、トラブルが多い二世タレントは何をしているのか(どんな活動)全く分からず、結婚離婚の時などにマスコミが報じる程度で、その際も両親の名前で初めて二世タレントと分かる事の方が多いのが実情。

トラブルメーカーとなる二世タレントは、次の3項目で育った人と指摘されている。

1. ズレた金銭感覚
小さい時から両親が芸能界で活躍するため家を留守にすることが多く、結果的に子供を繋ぎとめる手段としてお金を与えるのだとか。
それも世間(一般人)と感覚が違い、毎月数十万~…とも言われている。

2. 周囲から、ちやほやされて育つ
周囲から〇〇の息子さん、〇〇の娘さんという見方をされて車での送り迎えやタクシーでの通学など、周囲以上に本人がその待遇に勘違いしてしまう。

3. 仕事は親の七光り
デビューするのもオーディションを受けるなどして事務所に所属する人もいるが、親の紹介(七光り)でデビューし、デビューしてからも親の七光りで周囲が気を使い仕事がオファーされるケースもあるという。

実力で芸能界に入った人と親の七光りで芸能界に入った人では、かなり実力に差が…

その中でもダメジュニアとして有名なのが、下記4名なのだとか。

・1988年、タクシー運転手に暴行した容疑で逮捕された俳優・木村一八(42)
[漫才師・横山やすし(享年51)の長男]

・1998年、覚せい剤取締法違反で逮捕された元俳優でミュージシャン・高橋祐也(32)
[女優・三田佳子(71)の次男]
(高橋が高校生の時には、毎月50万円のお小遣いを渡していたと言われている)

2001年、大麻所持で逮捕された俳優・いしだ壱成(37)
[俳優・石田純一(58)の長男]

2009年、大麻取締法違反で逮捕された元俳優・中村俊太(35)
[俳優・中村雅俊(61)の長男]

他にもタレント・羽賀研二(51)との交際報道やデキ婚や離婚などで世間を騒がせた梅宮アンナ(40)
[俳優・梅宮辰夫(74)の長女]

などお騒がせ二世タレントは多い。

現在200名近くいると言われている二世タレントだが、本当に活躍しているのは極一部の方で、その多くは何をしているのか分からないそうです。

一体、どうやって収入を得ているのか?非常に気になりますね。

以前AKB48の総合プロデューサー・秋元康氏(56)も芸能界の中でも本当に才能が凄いのは極一部と話しており、別の音楽プロデューサーは若いうちに多くのスキルを身につけておくべきと指摘していたが、二世タレントの現状を見ると、当たり前のことを言っていたのでしょう。

芸能界…華やかだが、その反面…怖い世界です。

スポンサーサイト
スポンサード リンク


スレッドテーマ:芸能一般:アイドル・芸能

メイン


スポンサード リンク

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。