スポンサード リンク


HOME > スポンサー広告 > title - 酒井法子 復帰舞台のチケットが売れていない!?HOME > 芸能ネタ > title - 酒井法子 復帰舞台のチケットが売れていない!?
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサード リンク


2012年11月13日

酒井法子 復帰舞台のチケットが売れていない!?

いずれの回もまだ余裕がある


酒井法子(41)の復帰作となる主演舞台碧空の狂詩曲~お市の方外伝~」のチケットが、あまり売れていないという


<以下引用>

来月15日から24日まで全14公演、東京・渋谷区内のホールで開かれる。チケット販売サイトをのぞいてみるとS席8500円、A席7500円ともに「空席あり」。「いずれの回もまだ余裕があります」(オペレーター)というから、閑古鳥が鳴いている。

(中略)

「会場は1公演で700人を動員できる大箱。当初から苦戦が予想されましたが、半数近く売れ残っていて、エキストラにまで手売りを強要しているという話も聞きます。準備期間が短いし、コアな演劇ファンは元アイドルにソッポを向く。テレビやラジオで大々的に宣伝するにも、本人は執行猶予中の身で出られない。ないない尽くしの悪条件が重なった」(芸能関係者)
 芸能評論家の金澤誠氏もこう言う。
「“薬物女優”のレッテルを貼られ、演者としても長いブランクがある。商品価値が落ちた感は否めません。根強い人気を誇る中国や台湾ならまだしも、国内復帰は簡単ではないでしょう」
 稽古初日を迎えた12日、夫役で共演する今井雅之は昼の情報番組「ミヤネ屋」で“のりピーいじり”のリップサービス。「アヤツはまだ参加できないから、クソ面倒くさいリハーサルになっている」と笑いを誘い、「一緒に飲みに行ったが、下手すればエッチができる」とぶっちゃけた。話題づくりに必死なのだ。
「のりピー側も復帰後の青写真を描けずに頭を抱えています。北野武に次回作で使って欲しいと泣きついたが、『濡れ場をやるなら』と“条件”を出されたとか。

<引用元:日刊ゲンダイ>


2012年10月20日(土) 19:00 ~ 2012年10月29日(月)は、先行予約も受付けていたようだったが…

この舞台、当初から演劇ファンというより酒井法子ファンしか観に行かないのではないかと言われており、チケットが売れていないことで現実味を帯びてきたようです。

ファンが1人で高いチケットを複数枚購入してもあまり意味が無く、今後どんな宣伝活動をしていくのか注目されるが執行猶予が明けてから酒井が制作会見などで前面に出てくるのか?

でも週刊ゲンダイが報道することで、良くも悪くも宣伝になってしまっています。

舞台初日は、12月15日と約1ヵ月後なので、その期間にどれだけチケットが売れるか?

実際にチケットが売れずガラガラだったとして、北野武監督作品で“濡れ場”を演じるのか疑問ですね。

酒井本人はプライドが凄く高いらしく、これ以上子供を悲しませることはしないはずと一部では言われている。


碧空の狂詩曲~お市の方外伝~

脚本演出:斎藤歩
企画:小椋正樹
プロデューサー:藤田大邦

お  市 酒井法子
織田信長 金山一彦
羽柴秀吉 兼崎健太郎
浅井長政 鈴木秀人
柴田勝家 今井雅之

スポンサーサイト
スポンサード リンク


スレッドテーマ:芸能一般:アイドル・芸能

メイン


スポンサード リンク

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。