スポンサード リンク


HOME > スポンサー広告 > title - 大島優子「あの映画が嫌いです!」HOME > 芸能ネタ > title - 大島優子「あの映画が嫌いです!」
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサード リンク


2012年11月19日

大島優子「あの映画が嫌いです!」

花束を渡す役だったが、ドタキャン


2012年11月18日に映画『悪の教典』のヒットを記念して東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズにて特別試写会が行われ、主演の伊藤英明(37)、三池崇史監督(52)、大島優子(24)らAKB48メンバー38名が招待され行われた。

伊藤は、AKB48の『♪涙サプライズ』のミュージックビデオに出演した際も『悪の教典』と同じ英語教師という設定だったが、あまりの違いに柏木由紀(21)は「人間不信になりそう」とコメント。

衝撃的な内容だったためか、大島は上映後の登壇を辞退し涙を浮かべながら退席してしまった。

その際、大島は「私はこの映画が嫌いです。命が簡単に奪われていくたびに、涙が止まりませんでした。映画なんだからという方もいるかもしれませんが私はダメでした。ごめんなさい」と告白した。

大島の代わりに登壇したのは秋元才加(24)だが、猟銃を持って登場した伊藤に号泣。

AKB48総合プロデューサーの秋元康氏(54)が、同作のエンターテインメント性と芸術性に感銘を受け、メンバーにも映画を見て勉強をして欲しいという思いから特別上映会が企画されたのだが…

秋元氏は、この映画を見てAKB48メンバーの中でも一番感受性が強い大島が号泣し退席することを読んでいたのか?

大島もブログで、19日発売の雑誌「DISNEY STYLE」をしっかりPRしています。

18日のブログには、「あまりにスクリーンの中に感情移入してしまい、取り乱してしまいました。。。ごめんなさい(/ _ ; )

でも、私はあの映画が嫌いです。すいません。」と書き込んでいる。

何か話題作りのために利用されてしまったような…

悪の教典』のPRにもなっているし、大島優子が感受性豊かであるということも伝わり、どちらにとってもプラスになった気がします。

写真撮影では、AKB48メンバーは皆笑顔でピースするなど…大島とのギャップがありすぎる気もします。

スポンサーサイト
スポンサード リンク


スレッドテーマ:芸能一般:アイドル・芸能

メイン


スポンサード リンク

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。