スポンサード リンク


HOME > スポンサー広告 > title - 峯岸みなみ 謝罪動画は削除HOME > 芸能ネタ > title - 峯岸みなみ 謝罪動画は削除
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサード リンク


2013年02月03日

峯岸みなみ 謝罪動画は削除

何か違和感だらけ


AKB48峯岸みなみ(20)が、ダンサー・白濱亜嵐(19)の自宅マンションにお泊まりしたことが「週刊文春」で報じられ、その謝罪映像が海外でも報じられるなど異常なほど話題になっていた


<以下引用>

2月2日(土)の大握手会において、峯岸みなみより、改めて来場のファンの皆さまの前で、今回の件につきまして謝罪をさせていただきました。

ファンの皆さまの暖かい拍手に包まれ、峯岸の反省とAKB48への思いは、峯岸自身の言葉できちんとファンの皆さまにもお伝えできたのではないか、と思います。

つきましては、ファンの皆さまから、「みぃちゃんの誠意は充分に伝わったから、YouTubeの映像は取り下げてほしい」というご要望をたくさんいただきました。

峯岸本人に、ファンの皆さまからの要望を伝えたところ、「ファンの皆さんからの声は、ほんとうにありがたい気持ちでいっぱいです」ということでしたので、ファンの皆さまからのご要望、及び本人の気持ちも考慮し、本日いっぱいをもって、謝罪映像は削除させて頂くことに致します。

今回の件につきましては、改めて猛省を促すと共に、今後、ファンの皆さまからの信頼を回復し得るまで、峯岸自身の謝罪の念が消えることはないと思いますが、ファンの皆さまにおかれましては、今後とも、峯岸みなみ、およびAKB48の応援をよろしくお願い申し上げます。

AKB48グループ総支配人 戸賀崎智信

<引用元:AKB48オフィシャルブログ>


謝罪動画(公式)は現在削除されて見れなくなっているが、他でアップしている人もいるので見れますが、この謝罪は3日に放送された「サンデー・ジャポン」(TBS系)に出演したミッツ・マングローブ(37)やテリー伊藤(63)らも厳しい意見の述べている。

テリー伊藤「丸坊主になったというのはどうなんだ?という感じがするのとYouTubeを見るとAKBに残りたいって言っているでしょ。残りたいというのは自分で決めることじゃなくて、ファンに委ねればいいことで丸刈りになって残りたいってそこにあるのって全部自分じゃないですか?あとたかみな(高橋みなみ)も私たちの仲間だって、この時期にアンタ言うなよみたいな、本当は最終的にジャッジするのはファンなんだからファンに今の自分の身を晒すんだったらいいんだけども何かそこんとこでちょっと弱いなって感じがしますね」と話した。

ミッツも「落とし前のつけ方は、この子なりにこういう風にしたということで彼女に対しての個人的に思いはおいといて、私一番今回違和感あったのは、この謝罪会見の演出方法なんですよ。これは演出施されてますよ。この衣装の選び方、メイク、照明、灰色の壁、これはちょっと悪趣味だなぁと思って、いろんなものが限度をどんどんどんどん超えてきちゃって演出方法しかり、そうなってくるとアイドルというエンターテインメントの域を越えちゃうし、お客さんに対しての謝罪じゃないですか。社会的制裁を受けるものでもないのに、社会的制裁の雰囲気を取り入れた演出方法にそれを世間が見て完全に勘違いしちゃう。そのうち芸能が芸能として成立しなくなりますよね」と厳しい意見を述べた。

女性が、落とし前をつけるとしても髪を丸刈りにすることに殆どの女性は躊躇し、金銭的に数千万~1億のお金でも絶対に切らないという女性もいる。

峯岸が、自分で髪を丸刈りにするという行為には疑問点も多い。

事務所にも所属しており、スポンサー(クライアント)などの関係から許可もなしにイメージを勝手に変えてしまうことで所属事務所とも契約解除になりかねない。

周囲にスタッフがいたにもかかわらず、何故力ずくでも止めさせなかったのか?

謝罪はどんな状況で録画されているのか(周囲にスタッフが何人いたのか)

峯岸のお泊り報道がされること事態、違和感がありお泊り報道のネタが関係者からのリークだったら…

アイドルも一人の人間なので、恋愛しても仕方がないが、アイドルとして活動するからにはプロとしてファンやマスコミにバレないよう細心の注意と努力が双方とも必要なのだが、峯岸の場合はどうだったのか?

スポンサーサイト
スポンサード リンク


スレッドテーマ:芸能界のニュース:アイドル・芸能

メイン


スポンサード リンク

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。