スポンサード リンク


HOME > スポンサー広告 > title - 柏木由紀 深夜の合コンに参加HOME > 芸能ネタ > title - 柏木由紀 深夜の合コンに参加
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサード リンク


2013年02月05日

柏木由紀 深夜の合コンに参加

峯岸みなみも同席!


週刊文春が、今度はAKB48柏木由紀(21)とJリーガーとの深夜合コンを報じている


<以下引用>

「彼女は『アイドルの中のアイドルを目指す』と公言する“処女キャラ”です。キャッチフレーズは『寝ても覚めてもゆきりんワールド!夢中にさせちゃうぞ!』。握手会では目線を逸らさず、ファンの手を両手で包み込む“十秒握手”でフアンの心を掴んできた。最近では雑誌『an・an』で大胆な下着姿の写真が載り、話題となりましたが、それも清楚なイメージとセクシーな写真のギャップからです。

一月からスタートした深夜ドラマ『ミエリーノ柏木』(テレビ東京系)では主役を張り、二月六日にはシングル『ショートケーキ』でソロデビューする。今年は独り立ちの布石となる重要な年でしょう」(前出・AKB担当記者)

総選挙では〇九年から九位→八位→三位→三位と、常に上位に食い込み“近未来エース”と期待されている柏木。今回のドキュメンタリー映画公開にあわせたインタビューでは、自らの“AKB観”をこう話した(毎日新聞デジタル)。

〈恋愛やプライベート、自由を捨ててもAKB48に夢を懸けている〉
〈(恋愛禁止条例は)必要〉

主演ドラマの第一話、秋元康氏とのシーンでは、こんな会話も。
秋元「柏木は恋愛に向いてないな、真面目すぎる。(男性に)夜中の一時くらいに『海行こう』って言われても行かないだろう?」
柏木「行かないですね。仕事大事ですもん」

だが、一月十二日の深夜。
その合コンが行われたのは、皮肉にも、ドラマ放送初日の深夜〇時過ぎだった。
場所は目黒のダイニングバー「S」。小誌が先週報じた峯岸らAKBメンバーが参加したパーティが開かれたのと同じ店なのである。

そして柏木を誘ったのは、やはり峯岸だという。
「柏木が仲が良いのは、峯岸や指原。峯岸は一期生。柏木にとっては年下でも先輩にあたるんです」(前出・AKB担当記者)

午前〇時三〇分。
柏木に遅れて到着した峯岸は、マスク姿でコートのフードをすっぽり被り、顔を隠していた。今回のお相手はロンドン五輪代表にも選ばれたセレッソ大阪の扇原貴宏(21)と杉本健勇(20)、他に友人男性が一名。

そして峯岸到着からさらに十分後、峯岸の友人と思われる女性と、カリスマAV女優の明日花キララ(24)も参戦。
明日花は、清純派の柏木とは間逆のキャラ。
“接点”はやはり峯岸だった。

「杉本、明日花、峯岸は下の名前で呼び合う仲。お互いの電話番号も知っています」(共通の友人)

(省略)

他に客はおらず、店内には柏木ら男女のはしゃぐ声が響き渡っていた。
「ゆきちゃん、ゆきちゃ~ん」大声で柏木を呼ぶ峯岸。
そんな峯岸に男性陣はダーツを親しげに話しかけている。酒は二十~三十分おきに運ばれていた。話の主は分からないが、こんな会話も聞こえてきた。

「私は彼と付き合ったのが十二月だったの。で、二十三とか二十五に。私にとっては大事な日だったの。前より後のほうがいいじゃん。だから準備しながら持ってたの。飾り付けしながら……」

ハイペースで飲んで酔ったのか、翌日の仕事が早いからか、峯岸は午前三時過ぎに店を出てフラフラと右に左によろめきながら、タクシーに乗り込み、連れの女性と帰ってしまった。

残された柏木と明日花は、男性陣と二時間一万五千円のカラオケルームへ。

(省略)

午前七時半、はじめに店を出たのは明日花。二分後、男性陣が現れ別々のタクシーに乗りこむ。
柏木が現れたのは七時四十五分。

<引用元:週刊文春


柏木の所属事務所は「柏木はお酒も弱いためほとんど飲んでいません。呼ばれて行ったのは事実ですが、男性がいるとは事前に知らされていなかったし、明日花さんのことも知らなかったと聞いています」と話している。

一方、峯岸の所属事務所は「合コンではありません。女性だけの食事会だと聞いております」と柏木サイドとは違っている。

今回の報道で、柏木ファンの怒りも買ってしまった峯岸みなみ

文春が峯岸を完全にマークしていたのか?

もうAKB48は崩壊を始めているように見えてしまう。

恋愛禁止ルールも何もかも嘘だらけなのか?

あの丸刈りでの謝罪は、本当に本心だったのかと疑問に思ってしまいますね。

以前、指原が「誓約書があって、書いたことあるんですけど『異性とも同姓とも恋愛禁止』」と話し、柏木も「誓約書にハンコ押しちゃいました」と認めていた。

当然、峯岸もサインしているはずなのに研究生に降格処分…

この誓約書も抗力がないものだったのか?

スポンサーなどとの契約で活動辞退させることが無理なのかもしれないが、明らかに処罰がおかしい。

過去に異性との写真や熱愛報道でグループを去った元メンバーらにも峯岸が関与していたのでは?と思えます。

スポンサーサイト
スポンサード リンク


スレッドテーマ:芸能界のニュース:アイドル・芸能

メイン


スポンサード リンク

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。