スポンサード リンク


HOME > スポンサー広告 > title - 片山陽加 事務所移籍を説明HOME > 芸能ネタ > title - 片山陽加 事務所移籍を説明
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサード リンク


2013年04月02日

片山陽加 事務所移籍を説明

色んな事にチャレンジしていきたい


芸能事務所「アトリエ・ダンカン」を3月31日で退社したAKB48片山陽加(22)が、ブログで退社理由について説明しているが、実際には契約更新できなかった可能性が高そうです


<以下引用>

もうご存知の方もいると思いますが、この度、アトリエダンカンからAKSに戻る事にしました!

自分でもっと色んな事にチャレンジしていきたいからと辞める事を事務所に言いました。

<引用元:片山陽加オフィシャルブログ



「研究生としてAKBに加入すると、まずメンバーはAKSに所属して活動し、太田プロやプロダクション尾木、バーニング系列などよその芸能事務所から声がかかるのを待ちます。二人は10年3月に横浜アリーナで開催されたライブ『AKB48 満席祭り希望 賛否両論』でアトリエ・ダンカンから移籍打診があったことを発表され、同事務所に所属決定しました。しかしそれから3年が経ち、契約更新には至らなかったということです。これからはAKS所属で芸能活動をして、再び別の芸能プロから引き抜かれるのを待つことになりますが、長く芸能活動をしていて年齢も重ねた彼女たちよりも若手有望株の方を引き取りたいというのが芸能プロ側のホンネですから、彼女たちにとっては厳しいでしょうね」(業界関係者)

<引用元:メンズサイゾー>


普通に考えても、「色んな事にチャレンジしていきたいからと辞める」と言って簡単に芸能事務所を辞めることができないはずです。

もし有望株であれば、芸能事務所も簡単に手放すはずがない・・・

片山はブログで「まだAKB48として頑張りたい。AKBであるうち色んな仕事をもっとやってみたい!」と意味深な書き込みをしており、卒業を打診されていたように受け取れます。

AKB48に残ったから、「色んな事にチャレンジできるのか?」疑問ですね。

スポンサーサイト
スポンサード リンク


スレッドテーマ:芸能一般:アイドル・芸能

メイン


スポンサード リンク

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。