スポンサード リンク


HOME > スポンサー広告 > title - 篠田麻里子 ブログでファンに感謝HOME > 芸能ネタ > title - 篠田麻里子 ブログでファンに感謝
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサード リンク


2013年06月09日

篠田麻里子 ブログでファンに感謝

自分のペースで頑張ります


「第5回AKB48選抜総選挙」で来月卒業することを発表した篠田麻里子(27)が、9日にブログを更新し応援してくれたファンに感謝を綴っている


<以下引用>

思い起こせばわたしはオーディションを受け落ちてカフェッ子からのスタート、ファンの皆の後押しでメンバーに加入、誰よりも自信もない同期もいない不安の中での自分は応援してくれる皆が支えでした。


正直初めから選抜ではないし人気でもない、自分なりにどうすれば皆に見てもらえるか一生懸命悩んで自分と向き合いながら自分を見つけてきました。

選抜でも背がでかいと後ろの端が多かった私は初の総選挙で三位になったことで一転、前で歌うことができました。

はじめて見てもらえたような、気づいてもらえた認めてもらえたようなそんな気がしました。

順位が全てではない、だけどそこから注目されるチャンスもあるんだということを去年のスピーチで伝えたかったです。

いつもわたしのことを考えてくれて時には意見もくれ、わたしのやることにYesとついてきてくれた皆、一人じゃないんだ、味方がたくさんいると、本当に支えられました。AKB人生は辛いことも、悔しいこともたくさんあったけど、その何倍も楽しいことがあった八年間でした。

自分の中で、今回の総選挙は卒業する身としてではなく現メンバーとして正々堂々と戦いたかった。

皆は優しからきっと最後で応援してくれたかもしれない。

だけど、それじゃあ去年の自分が意味のないものになってしまう。

発表が急な形にはなりましたが、一年今日まで悩み、当日の後輩の勢いを見て決めました。

麻里子コールされた時...正直悩んだよね(笑)

みんなに求められてる!!って思ったら「卒業なんて嘘~』って言いかけたけど(笑)

やっぱり居心地もいいし、わたしには何不自由ないAKBの活動、だけど、自分は荒波に揉まれながら自分らしく生きていけるんだと思います。

これからの方が大変かもしれませんが、私はわたしらしく自分のペースで頑張ります。

自分勝手な決断だとは思いますが、わたしの気持ちです。

<引用元:篠田 麻里子 Diary>


後輩の勢い、後輩が育ったから…というのが卒業理由。

2013年2月15日に放送された「ここが変だよ!AKB48 噂の真相全て答えますSP!」(日本テレビ系)で波動占星術師・諸喜田清子先生からは「仕事運の状態がAKB48の中で最高の状態で中心の流れにある。あなたが中心になっています。一番強い状態にあるのが今年です。但しモデル風な仕事を展開するのはやめて下さい。モデルの状態では一つ華があってぱぁーと全部しまっていく超一級のモデルさんになっていくという状態ではないですので後ろのバックグラウンドがあるから。AKB48の名前を使って出してもらうというのに関しては、一つのコマーシャル(宣伝)、向こう側(起用する側)のコマーシャルになる。それに対しては悪いことではないんですけどもモデルの仕事としてはいかん」と忠告されていた。

「仕事の流れとしては、8月にグループを辞めたいと思うわよ。本当は今年の8月に卒業するという状態で出てくるんですけども、その時あなたが抜けると(グループの)バランスが取れなくなる。バランスが崩れると出ている。引っ張る役目は、他の子ではまだ難しいです。辞めない方がいいです」

「今年いっぱいはグループにいたほうがいい」と言われ、篠田も「今年1年間は頑張ります」と応えていた。

諸喜田清子先生は、総選挙で渡辺麻友(19)が1位になると予言していたが、結果は3位であった。

収録が何時されたのかは不明だが、篠田がアドバイスされていたのに急遽来月卒業を発表したのには他に理由があるように思えますね。

篠田が抜けてグループのバランスが崩れ、指原利乃(20)がセンター。

指原は「指原がAKBのセンターになったらAKBが壊れると言われていますが、絶対に壊しません!」とスピーチしていたが、冗談ではなく本当にバランス崩れて壊れてしまうような気もします。

スポンサーサイト
スポンサード リンク


スレッドテーマ:芸能一般:アイドル・芸能

メイン


スポンサード リンク

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。