スポンサード リンク


HOME > スポンサー広告 > title - 「MR.BRAIN」は、HEROを目指しているHOME > ドラマ > title - 「MR.BRAIN」は、HEROを目指している
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサード リンク


2009年06月19日

「MR.BRAIN」は、HEROを目指している

TBSは、映画化を期待している


「花より男子ファイナル」、「ROOKIES(ルーキーズ)」などテレビドラマから映画化し、ヒットさせたTBSは、当初より「MR.BRAIN」も映画化を予定していた


MR.BRAIN」に登場するゲスト(犯人なのだが)が、豪華でセットなどにも莫大な製作費を投じており、第1話の視聴率も24.8%と高スタートであった。

製作サイドも当初から木村拓哉(36)主演ドラマ「HERO」(2001年フジテレビ)が映画化され、大ヒットしたことを目標に「MR.BRAIN」を製作しているという。

映画化させるには、テレビ視聴率を高視聴率のままキープさせなければならない。

その為なのか?毎回登場するゲストが豪華になっている。

第1話のゲストは、市川海老蔵、高嶋政伸、ユースケ・サンタマリア、戸田恵子、広末涼子。

第2話の視聴率は、22.0%でゲストは、Gackt 、小雪。

第3話の視聴率は、16.3%でゲストは、亀梨和也、相武紗季。

第4話の視聴率は、21.0%でゲストは、佐藤健、木村多江、東儀秀樹。

第5話のゲストは、仲間由紀恵、佐藤健、木村多江、東儀秀樹。

主演級のゲストを毎回登場させており、製作費が凄いことになっている。

一部情報では、木村拓哉に出演をオファーする際に映画化の話もされており、映画化については木村サイドも了承済みだという。

映画化するために視聴率をキープし続けなくてはならない「MR.BRAIN」。

第3話では、木村の後輩である亀梨が出演したが、視聴率は最低をマークしてしまった。

第4話では、女性に人気の若手俳優・佐藤健効果か視聴率がなんとか回復したが、今後がどうなるか微妙である。

とある分析によると、木村拓哉のアップショットを多くさせると視聴率が上げる?という。

第3話では、木村拓哉のアップショットが、少なかったのか不明だが、毎回「MR.BRAIN」を見る際は、木村拓哉のアップショットをカウントすると面白い結果が出るかもしれない。

年内中に「MR.BRAIN」映画化が発表されるか期待である。



スポンサーサイト
スポンサード リンク


スレッドテーマ:テレビドラマ:テレビ・ラジオ

メイン


スポンサード リンク

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。